インターネットの普及により私たちの生活は非常に便利になりました。ショッピングはもちろん、今では銀行の取引などもネットでできる時代なのです。それに伴い、詐欺などの犯罪行為が増えています。
銀行やクレジットカード会社などの金融機関を装った電子メールを送り、個人情報を搾取する「フィッシング詐欺」はあとを断ちません。情報確認のためなどと称してリンクをクリックさせ偽サイトに誘導し、住所や氏名、銀行口座、クレジットカード番号などの個人情報を入力させる手口が多く使われています。
この偽サイトが本物のサイトとそっくりなので、被害に遭ってしまう人が多いというわけです。被害に遭わないためには、怪しいメールには注意することです。
銀行やクレジットカード会社ではメールで口座番号やクレジットカード番号、IDやパスワードを確認することは一切ありません。
また、電子メールの本文中にあるリンクは偽サイトに誘導される危険がありますので、クリックしないようにしましょう。どうしても気になるという人は、URLを直接入力してサイトを開くようにしましょう。
その他、フィッシング対策のソフトウエアを利用するのも良いですね。
それでも万が一被害に遭ってしまった場合には、各都道府県警察のサイバー犯罪相談窓口に相談しましょう。