omocha_mインターネットバンキングに登録すると、振込限度額の設定を行うことが出来ます。これは、一回あたり、他口座にいくらまで振り込めるかという設定です。口座開設申し込み時に希望額を記入している場合は、この希望額がデフォルトで設定されています。
別の口座に振り込むがあまりないという場合でも、この項目はよく考えて設定する必要があります。たとえば、いくらでもいいと考えて100万円と設定した場合、もし、財布を落とし、そこにキャッシュカードと免許証が入っていて、キャッシュカードの暗証番号が免許証に書かれている情報から推測されるものであった場合、拾った人が100万円を自分の口座に振り込んでしまうということが可能になるからです。なので、振り込む機会がないという場合なら、1万円ぐらいの低い金額を限度額として設定しておく方が安全です。振り込み限度額の設定でもう一つ注意したいのは、インターネットバンキングの暗証番号が漏れてしまうと、設定を他人に変更されてしまう可能性があるということです。なので、インターネットバンキングの暗証番号を他のサイトのパスワードと同じにしたり、数字のみ、あるいは英単語といった簡単なものにするのは避けましょう。喫茶店などにノートパソコンを持ち込んでインターネットバンキングにアクセスする場合は、パスワードを入力している手元を見られないようにしましょう。