» 未分類のブログ記事

簡単なパスワードにしない

| 未分類 |

今ではインターネットバンキングを利用すれば、インターネットから簡単にお金の管理をすることが出来ます。預金を確認することができますし、振込などをすることも出来ます。インターネットバンキングを利用するときはパスワードが必要になります。これは金融会社に申し込みをするときに自分の好きなように設定することが出来ます。最近では、インターネットバンキングに関するトラブルが非常に増えていて、他人に自分の暗証番号を推測されたりして不正アクセスされることが多くなっています。そこで、こうしたトラブルを防止するために他人に簡単に推測されないように暗証番号で誕生日やゾロ目は避けたいものです。こうした情報は他人でも推測しやすいので、簡単な内容で設定しているとトラブルに巻き込まれてしまうことがあります。そのため、自分だけの組み合わせとして、暗証番号を考えておく必要があります。また、定期的に暗証番号を変更するのも良い方法です。インターネットバンキングはとても便利なサービスですが、こうしたトラブルが増えているので、しっかりと気をつけたいものです。また、公式サイトとそっくりにサイトを作り、不正に番号を聞き出すという手口もあります。

omocha_mインターネットバンキングに登録すると、振込限度額の設定を行うことが出来ます。これは、一回あたり、他口座にいくらまで振り込めるかという設定です。口座開設申し込み時に希望額を記入している場合は、この希望額がデフォルトで設定されています。
別の口座に振り込むがあまりないという場合でも、この項目はよく考えて設定する必要があります。たとえば、いくらでもいいと考えて100万円と設定した場合、もし、財布を落とし、そこにキャッシュカードと免許証が入っていて、キャッシュカードの暗証番号が免許証に書かれている情報から推測されるものであった場合、拾った人が100万円を自分の口座に振り込んでしまうということが可能になるからです。なので、振り込む機会がないという場合なら、1万円ぐらいの低い金額を限度額として設定しておく方が安全です。振り込み限度額の設定でもう一つ注意したいのは、インターネットバンキングの暗証番号が漏れてしまうと、設定を他人に変更されてしまう可能性があるということです。なので、インターネットバンキングの暗証番号を他のサイトのパスワードと同じにしたり、数字のみ、あるいは英単語といった簡単なものにするのは避けましょう。喫茶店などにノートパソコンを持ち込んでインターネットバンキングにアクセスする場合は、パスワードを入力している手元を見られないようにしましょう。

インターネットの普及により私たちの生活は非常に便利になりました。ショッピングはもちろん、今では銀行の取引などもネットでできる時代なのです。それに伴い、詐欺などの犯罪行為が増えています。
銀行やクレジットカード会社などの金融機関を装った電子メールを送り、個人情報を搾取する「フィッシング詐欺」はあとを断ちません。情報確認のためなどと称してリンクをクリックさせ偽サイトに誘導し、住所や氏名、銀行口座、クレジットカード番号などの個人情報を入力させる手口が多く使われています。
この偽サイトが本物のサイトとそっくりなので、被害に遭ってしまう人が多いというわけです。被害に遭わないためには、怪しいメールには注意することです。
銀行やクレジットカード会社ではメールで口座番号やクレジットカード番号、IDやパスワードを確認することは一切ありません。
また、電子メールの本文中にあるリンクは偽サイトに誘導される危険がありますので、クリックしないようにしましょう。どうしても気になるという人は、URLを直接入力してサイトを開くようにしましょう。
その他、フィッシング対策のソフトウエアを利用するのも良いですね。
それでも万が一被害に遭ってしまった場合には、各都道府県警察のサイバー犯罪相談窓口に相談しましょう。

スパイウェアに注意

| 未分類 |

kodomo01_lインターネットバンキングを利用するときにはスパイウェアに注意しなければなりません。具体的にはどのようなものなのかというと、IDとパスワードを盗むという方法がとられます。ソフトウェアをインストールしたときに一緒にインストールされてしまうこともありますし、ブラウザの機能拡張などの形でインストールされてしまうこともあります。
その種類は様々で、その一つとしてキー入力を記憶して外部のサーバーに送るものがあります。キーボードから入力した情報を全て抜き取られてしまいますから、これは非常に危険なことだと言えるでしょう。インターネットバンキングのサービスを利用するときには、ソフトウェアキーボードなどを利用できる場合が多いですから、これを利用すれば回避することができます。そのほかにも、それらしい画面を表示させてパスワードを盗み取るというものもあります。明らかにおかしいものもありますが、画面が変わっていたときに怪しいと疑えば回避することはできるでしょう。このような被害を防ぐためには、まず怪しいソフトウェアをインストールしないことがもっとも大事なことです。フリーソフトなどの怪しいものはインストールしないようにしなければなりませんし、セキュリティソフトを活用するのも良い方法だと言えるでしょう。

kodomo02_lインターネットバンキングを利用するときの注意点として、自分のパスワードはしっかりと管理しておく必要があります。このサービスはカード番号とパスワードがあれば、誰でも簡単にアクセスすることができるので、本当に注意をして利用しなければなりません。ATMの場合ですと、防犯カメラが設置されているので、もしトラブルに遭遇しても防犯カメラの映像から犯人を特定することが出来ますが、ネットの場合はどこからでもアクセス可能であり、巧妙な手口になると犯人を特定することは難しいものです。そのため、利用するときに自分でしっかりとパスワードを管理して、トラブルに巻き込まれないようにすることが最も重要になります。パスワードというのは基本的に自分の好きな設定にすることが出来ますが、自分の誕生日を利用したり、郵便番号やゾロ目など、自分に関係がある数字は利用しない方が良いです。一般的に暗証番号をこうした数字で設定している人は非常に多いです。口座にアクセスするときに暗証番号を覚えやいので便利ですが、大切なお金を不正にアクセスされて引き出されることを考えますと、違うパスワードを設定してトラブルを避けるように考えておきたいものです。

インターネットバンキング

| 未分類 |

銀行の預金の管理というのは基本的に銀行窓口だったり、ATMを利用したりするものです。しかし、銀行によってはインターネットバンキングというサービスを提供しているところがあり、インターネットから預金等の管理をすることが出来ます。インターネットを利用するとどのような事ができるのかと言いますと、預金残高を確認したり、銀行のカードにクレジット機能があれば借入することも出来ます。また、支払いのためにお金を振り込むことが出来ますし、その銀行にある宝くじなどの商品を購入したりチェックしたりできます。実際に手元にお金を用意したいときは店頭窓口やATMを利用することになりますが、それ以外の目的であればインターネットを活用する方が手間がかからないので楽になります。今の銀行のほとんどはインターネットを使えるようになっているので、口座を開設するときはインターネットを利用できるところを探して見ると良いです。このサービスは本当に便利なのですが、一つ注意したいこともあります。それは、不正アクセスが増加しているので、自分のパスワードは第三者に見られないようにしっかりと管理すること、そして推測されにくい番号を設定することが重要です。

テレホンバンキング

| 未分類 |

銀行のサービスにも様々な種類があり、最近は店舗へ出向かずともオンラインで振込みや残高紹介ができるなどとても便利となっています。
こうしたサービスがあれば、忙しくて来店できないときも自宅からでもサービスが利用できるのでとても便利です。
そして銀行の便利なサービスのひとつにテレホンバンキングがあげられます。
これがどんなサービスなのかということになりますが、金融機関に出向かずとも各種取引や手続き、相談などが行えるダイレクトバンキングのひとつとなっており、固定電話や携帯電話を利用して専用のダイヤルで口座番号や暗証番号を入力することで、残高照会や振込みや振り替え、定期預金、投資信託の購入、ローンの借り入れや返済などのサービスを利用できるものとなっています。
そしてこの場合も自動音声で対応されることもあれば、オペレーターを通じてサービスが提供される場合もあります。
現金を伴わない銀行の様々な取引が電話で利用できる便利なサービスとなっており、電話が通じるところなら自宅からでも外出先からでも利用できることもあり、多くの方に利用されています。
サービス内容や対応時間は銀行によって違いがありますので、申し込む前にはそれぞれのサービス内容や特徴はしっかりと理解しておきたいものです。

メールオーダー・サービス

| 未分類 |

mama01_m最近はインターネットバンキングを利用すれば簡単な預金の出し入れができるようになりましたが、金融商品を購入したり、金融機関の様々なサービスを利用したりするには、直接銀行を訪れる必要があります。とはいえ、仕事や日常生活が忙しかったりすると、金融機関の窓口が開いている時間に金融機関を訪れるのは、なかなか難しいものです。
こうしたお客様のために、多くの金融機関では、「メールオーダー・サービス」を提供しています。
このサービスは、金融機関のホームページの申し込みフォームやメールを利用して資料請求と申込書を請求し、郵送で様々な金融商品の購入と、口座開設やインターネットバンキング、クレジットカード決済などの金融サービスの契約、住所変更届の提出などの様々な手続きができるサービスです。
送付される資料を読んで申込書に必要事項を記入し、ポストに投函するだけで、金融商品や金融サービスの購入・契約の手続きができるので、忙しくて金融機関を訪れることができない方や、金融機関で不要な商品を勧められることに抵抗がある方にオススメのサービスといえます。
ただし、このサービスでは、窓口で詳しく金融商品の内容や特徴などを確認することができないので、十分に商品について理解しないままに購入してしまうケースも少なくありません。郵送されてくる資料をじっくり読み、わからないところは電話やメールで問い合わせてみるなどして、その商品やサービスの内容を十分に把握した上で、本当に必要なものかどうかを慎重に判断することが大切です。
なお、金融機関によっては、サービスの提供地域を限定している場合もあるので、よく確認してから申し込みましょう。

kodomo03_l銀行のサービスを利用するためには店頭窓口へ足を運ぶことが基本ですし、ATMを利用することはとても多いものです。しかし、インターネットを利用することもでき、これを利用しますとかなり色々な面で便利になってきます。預金の状況を確認するためには店頭窓口やATMを利用して貯金を見ることが多いですが、インターネットからでもこうしたことを行なうことが可能なので、外出しなくても自宅のパソコンから簡単に預金を見ることが出来ます。そして、預金を確認してから支払い等の振込をすることが多いですが、こうした作業もインターネットから出来ます。インターネットから自分が利用している会社のホームページへいき、そこから口座番号や暗証番号でログインすることで、本当に様々なサービスを利用することが出来ます。自分が持っている口座から口座へお金を移動させたいときでも、わざわざATMまで行く必要がないので、口座を作るときはインターネットを利用できるところを選ぶと良いです。今ではほとんどの会社がインターネットに対応している為、こうした会社を見つけることは難しいものではありません。色々な会社を探して内容を比較して選んで見ると良いです。